レッドレンザーとゴールゼロのおススメはどっち?【メリット・デメリットを徹底解説】

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
商品の紹介ではタイミングや価格変動により最安値をリンクできていない場合もありますのでご了承ください。
レッドレンザーとゴールゼロのおススメはどっち

キャンプブームが落ち着きを見せつつある2023年初頭。
まだまだ、キャンプ場の予約も思うようには取れません。

そんな中、手の平サイズの小型LEDランタン「LedlenzerML4(以下レッドレンザー)」「GoalZero Lighthouse Micro(Flash)(以下ゴールゼロ)」はプレミアム価格で取引されるほどの人気となっています。
両方を比べてどちらがどのように良いのか。
初心者の方が購入に迷われているなら必見の内容になっています。
出来るだけ他のサイトとは違う観点でお話しできればと思っています。

ずばり、キャンプサイトでのおススメは GoalZero Lighthouse Micro(Flash) です。
ただ、個人的に普段は LedlenzerML4 を使っています
可能であれば両方あれば良いですね。

目次

商品紹介

GoalZero Lighthouse Micro(Flash)

2008年米国ユタ州で企業家の Robert Workman氏により Goal Zero社は設立されました。
携帯用太陽光発電メーカーとして、アウトドア・キャンプユーザーはもとより、外出先でのバッテリ充電に最適な製品を提供しています。
後に Robert Workman氏は Barebones を起ち上げています。

GoalZero社製 Lighthouse Micro(Flash) の特徴は、なんといっても本体に充電用USBコネクタがついていることです。
キャンプでも、ケーブルの準備は必要なく、USBタップ電源さえ確保できれば充電できるます。
更に上部にバッテリーのインジケーターもついているのでバッテリー残量も分かりやすくなっています。

LEDの最大光量は150lm
光を横から下方向に広げる設計で、サイト内を明るく照らすことが出来ます。
明るさはボタン長押しで無段階に調整できますので好みの明るさにすることも可能です。
Lighthouse Micro Flash は本体上面にフラッシュ(懐中電灯機能)も装備しており、使える場面が増えます。

150lmで連続7時間使用でき、一晩は何とか使える仕様です。
実際は150lmよりも少し落とした明るさで使用するので、一晩なら十分に使用できます。

株式会社アスクが正規代理店として販売しています。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Ledlenzer ML4

オポルカ兄弟がドイツ・ゾーリンゲンのガレージで事業を始め、今ではポータブルライト業界におけるグローバルマーケットリーダーになりました。

Ledlenzer製品は、元々LEDライトメーカーであるGentosが日本総代理店でした。
そして2015年には、日本で100%子会社であるレッドレンザージャパン株式会社を設立し、東京スカイツリーの近くにオフィスを構えています。

LedlenzerML4 の特徴は、充電池以外にも市販の単三電池が使えるので緊急時にも使えることです。
点滅機能があり非常時に注意を引くこともできます。
また赤色灯にもなるので、光で見えにくくなることなく夜間でも安心して地図などを使用できますし、安全にも寄与します。

LEDの最大光量は300lm
最先端のマイクロプリズムテクノロジーが眩しさを抑えて周囲を照らし出してくれます。
光量の切り替えはハイ・ミッド・ロー及びブーストが選択できます。
スイッチと本体下部に蓄光するパーツがあるので暗闇でも操作できます。

150lmで連続2.5時間しか使用できないのはネックですが、市販の単三電池も使えるので安心です。
50lm(ミッド)を使用すると8時間使用できるので、一晩は使うことが出来ます。

レッドレンザージャパン株式会社が販売しています。

製品仕様・機能比較

GoalZeroLedlenzer
商品名Lighthouse MicroLighthouse Micro FlashML4
White
ML4
Warm
サイズ93mm×38mm97mm×29mm
本体重量68g71g(電池含む)
点灯モード
ルーメン(lm) /
点灯時間(h)
ハイ
最大 150lm / 7h
最小 20lm / 80h

ロー
最大 75lm / 15h
最小10lm / 170h
フラッシュ
120lm / –h

ハイ
最大 150lm / 7h
最小 20lm / 80h

ロー
最大 75lm / 15h
最小10lm / 170h
ブースト
300lm / —h

パワー
150lm / 2.5h

ミドル
50lm / 8h

ロー
5lm / 45h
ブースト
300lm / —h

パワー
150lm / 2.2h

ミドル
50lm / 7h

ロー
5lm / 40h
充電時間3.5h2.5h
バッテリー容量2600mAh
9.4Wh
750mAh
2.77Wh
防塵・防水IPX6(防滴のみ)IP66
その他フックは閉じているので別途S字やカラビナが必要カラビナ式フック

実際に使ってみた!

LED特有の明るさの比較

どちらのランタンもLEDです。
LED特有の光で眩しいのは私だけでは無いでしょう。

明るいのですが、光が直線的で、目に刺さると言うか・・・。
なんとなく、不快なのです。

その点でレッドレンザーはマイクロプリズムテクノロジーで眩しさを軽減してくれてすごしやすくしてくれています。
しかし、ランタンの真下が暗くなってしまい、天井にぶら下げる使い方では少々不満が出ます。

一方、ゴールゼロは角度をつけて真下も比較的明るいのですが眩しい・・・。
気にしなければ良いのかもしれませんが、なんとなく年寄りには灯りが眩しい・・・。

カスタム用品の比較

シェードやグローブなど、とにかくゴールゼロのカスタム用品が圧倒的なアイテム数で販売されています。
余りにも人気で、模倣商品に至っては販売数を伸ばすために、商品に付属して販売してしまうほどです。
オシャレで様々なものが山のように沢山あります。

一方、実用的なカスタムはそれ程違いは無さそうです。
私が注目するのはアンバー化するためのカバーで、ゴールゼロにもレッドレンザーにも商品は存在します。
つまり実用的なカスタムであるアンバー化はどちらでも追加可能なので安心してください。
但し夏場は売り切れてました。

オシャレなカスタムして楽しむ人はゴールゼロにするべきです。

ボタンの使いやすさの比較

LedlenzerML4とGoalZeroLighthouseMicroFlashのボタン
LedlenzerML4とGoalZeroLighthouseMicroFlashのボタン

実はここで言いたかったのはボタンの押しやすさです。
ボタンでクリックや長押しで機能の切り替えをするので、使いやすさは大切な部分です。

ゴールゼロは少し押しにくいですね。
反応が悪いわけでは無く、押す場所が少しクセがあるのです。
簡単に押せても、カバンやポケットで知らないうちにオンになってしまうので問題ですからこれで良いのでしょうけれど。

その点レッドレンザーはカラビナ式のフックの下にスイッチがあります。
クリック感も優しく、使いやすいと感じます
蓄光素材のようで、使用後は少しの間薄っすらと光っています。
アイデア?の勝利ですね。

光機能の比較

レッドレンザーは点滅や赤色点灯が可能です。
特に筆者は赤色点灯を利用しており、なくてはならない機能です。

ゴールゼロは何といってもフラッシュ(懐中電灯)機能です。
トイレに行く時やスポットで光を当てる時に使えるので便利です。
光量の無段階調整も何気に便利なんですよね。

充電の比較

GoalZero 製造番号
GoalZero 充電用USB端子

ゴールゼロ本体にはUSB端子が装備されているので、持ち物(充電用ケーブル)が一点減り、忘れ物の心配が・・・正直あまり関係ないかなと思います。
携帯電話用でコンセントにUSB端子が増えてきているのですが、ゴールゼロはTypeAです。
最近ではTypeCの充電口が増えてきているので、若干ですが不便になってきました。

レッドレンザーは専用ケーブルを使って充電します。
ゴールゼロから考えると一回余分な荷物・作業になりますが、気になるほどではありません。
しかし、電源側はTypeAです・・・。

それよりも、充電池の大きさと言うか、使用可能時間です。
レッドレンザーは市販の単三乾電池が使えるとは言え、キャンプ用に用意して毎回持っていくのもどうかと思います。
災害時等は単三電池の方が便利ですけどね。

ゴールゼロは一晩は使えそうな容量の充電池なので、その点は安心です。
充電時間がレッドレンザーよりも長くかかりますが、使用可能時間を考えれば気にならない差ではあるでしょう。

LedlenzerML4 充電用端子
LedlenzerML4 充電用端子

防滴・防水の比較

ゴールゼロは IPX6 で防水にだけ対応しています。
レッドレンザーは IP66 で防滴防水共に対応です。

しかし、これもむやみに水へ放り込むようなことをしなければ大丈夫です。
ゴールゼロも突然の雨であっても、外に出しっぱなしにしていなかったら大丈夫だと思います。

特別な使い方をする人以外は、防滴・防水についてそれほど気にする必要は無いのかなと考えています。

どちらも良いがどちらかと言えば GoalZero Lighthouse Micro(Flash)

いくつか比較してきましたが、どちらも良い!
サイズも良いし、機能も良いし、あまり文句の付け所はありません。
だからこそ、品切れになるほどの人気でプレミアム価格になってしまうのでしょう。

ただ、無駄なものを買えない人や初心者が一つ選ぶならゴールゼロをおススメします。
出来ればフラッシュ(懐中電灯)機能のあるものを選ぶと良いと思います。

レッドレンザーも、慣れてくると赤色灯が使え、ぶら下げて普段使いで可愛いいので、筆者は滅茶苦茶気に入っていますが・・・。

キャンプではランタンが無いと夜を過ごせません。
ゴールゼロならば、実用性もばっちりで満足できること間違いなしです。
いくつもゴールゼロを持っている人がいるくらいです。
迷ったら GoalZero Lighthouse Micro Flash を買っておけば間違いありません

レッドレンザーとゴールゼロのおススメはどっち

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次